Stacks Image 309097
プロフィール紹介

profile-1
1956 926日に南インド、チェンナイ近くのタミールナード州で生まれる。

1974 6月に18才でバンガロールのベーカリーレストラン「NILGRISE」に勤める。
同年10月にMANGALORE、ホテルプレジデントへ。
以後16年間同ホテルのメインシェフを勤める。

1994 34才で日本へ。
荻窪のマハラニ(現在は閉店)にて3年間勤務する。

1997 北九州市小倉のタージマハールで6ヶ月勤務する。
その後、東麻布のRcafe(現在は閉店)に勤務する。

1998 池袋のソナルガ(現在はアラビアンフードに趣旨替え)、鷺宮・白鷺・武蔵小金井のニューデリーで1年間勤務する。

profile-2
1999 10月に鷺宮のマハラニ(現在は火事で消失)にて、約1年間勤務する。
長男のラジャが日本に。

2001 練馬・東久留米のインド・スリランカ料理店ディヤダハラ(練馬本店は閉店)で3年間勤務する。
ここのカボチャのカレーはムット氏のオリジナルレシピ。

2004 427日にインド料理ムットを西新宿に開店。

2005 11月にインド料理ムット中野店を開店。
また、有限会社ムット・インターナショナルを設立。

profile-3
2006 10月に中野店は閉店。
ムット氏の故郷の南インド料理の定食ことミールスや、ワダ、サンバル、ドーサなどの提供を開始すると共に二女のレジーナが日本に。
南インド料理を広く知ってもらう為に、料理教室も開催。

2008 925日に2号店となる南インドティファン&レストラン ムットを開店。
ドーサやイドゥリ、ウタパムなどの軽食やビリヤニなどの料理にも力を入れて、本店以上に南インド料理中心のメニューを提供する。

2010 8月に長女のアムー、三女のキャタリンが日本に。
11月に3号店となる南インド料理&バー ムットを開店。

2011 5月に南インド料理&バー ムットを閉店。
12月にムット氏の妻のサガイが日本に。現在に至る。

2014 2008925日に開店した南インドティファン&レストラン ムットを820日付で閉店。

2015 ムット本店10周年記念のお礼で、214日に南インド料理ビュッフェを開催。

インド料理ムット
住  所:東京都新宿区西新宿7-22-34
電  話:03-5937-3443
営業時間:11:3015:0017:0022:00
定休日 :日曜日
inserted by FC2 system